消えた古代大豆を
復活させたい

古代から先人たちが受け継いできた貴重な古代大豆を、永続的に栽培してみなさんにお届けしていくために、クラウドファンディングに挑戦しています。

デザインの実績はこちら、会社概要はこちらからどうぞ

2018-12-25 v42

ふるいで精麦された麦をふるったあとは雪景色のよう。

発売してもう5年もご愛顧いただいているここくのごはん麦、たまには詳しく説明したいと思います。

食物繊維がとれる麦ごはんが最近は流行っているので色んなところが販売していますが…

ここくのごはん麦の特徴は、九州在来種だから粒が小さく、五分づきだから歯ごたえがプチプチしていて美味しく食べられること。(炊く前に入れるのがオススメ!) 精麦したあとは扇風機でフスマをよく飛ばし、さらに写真のようにふるいをかけて粉を飛ばし、バットに全て広げて黒い麦を手で取り除いています。

市販の改良種は大粒で色も白くなるように改良されたもの。無農薬ではないので綺麗に外皮が削られてしまっているほか、歯ごたえがなくコメのように旨味もないのでなかなか続かないようです。

ちなみに最近流行りのもち麦は、この九州在来種と全く同じ六条大麦の裸麦。わずかにβ-グルカンと呼ばれる食物繊維が九州在来種よりも多く含まれることから、在来種よりも注目されることになり、一大ブームになりました。

こんなちょっとしたことを知っているかどうかでお買い物が変わります。私たち作り手からの発信はこれからどんどん大切になってくるのかもしれません。

#ごはん麦 #大切なこと