2018-10-17 v6

(長文のご報告)先月末の猛烈な台風の日。実はここくの味噌も台風を迎えておりました。

9月29日に味噌の配達を終えた時、車の中に残った味噌の匂いにいつもと違う匂いが混じっているような気がしました。例えていうなら牛乳のような、少し生っぽい匂い。

工房に帰り、樽に残った味噌も全て出し、いろいろと検証しましたが、その匂いはやはり味噌の中に混じっている。とはいえ、食べても全然匂いは気にならず、いつも通りのお味噌です。沢山味噌を置いておくとうっすら匂う程度。でも気になる。

匂いの原因に、ひとつ思い当たる節がありました。種取り用にとっておいたズッキーニが味噌樽の近くに置いてあり、以前出張から帰った際、破裂してものすごい異臭を放っていた事があったのです。

ズッキーニは無論すぐさま片付けましたが、その時、熟成したお味噌にできる溜まりに匂いが少し移ってしまったのかもしれない。

食べても問題ない。匂いの原因がズッキーニなら熟成とともに消えていくだろうし、そもそも味噌は塩製品。食中毒になるような細菌の発生はありえない。でも、自分の予想外の事が起こっていたら…匂いの原因がズッキーニでなかったとしたら…

自分は食べてもお腹を壊す事がなかったけれど、小さなお子さんから90歳の方までお味噌を食べてくださっています。

目前に迫っている台風への不安が、判断をネガティヴに推しやった気もしますが、悩んだ末、配ったばかりのお味噌を全て回収・返金することに決めました。

台風通過中、朝みなさんにお電話でお伝えし、後日回収に伺いました。すぐに食品衛生検査にも出しました。

全て容器から出し、再度別の容器に入れて様子を見たところ、問題の匂いは時間とともに薄くなっていきました。食品検査の結果も3日後には問題ないと報告が上がり、結果なんの問題もありませんでした。

回収する時、みなさん口々に匂いは気にならないと言われ、うちはこのままで結構ですと言われた方もいましたが、みなさんこちらの立場を尊重して返品に応じてくださいました。

しぶしぶエプロン姿で返す姿を見ていると、お味噌を取り上げるようで心苦しくもありました。「ちょっと神経質になりすぎじゃない?」という自分もいましたし、そう思われたお客さんもいたと思います。

でもやっぱり「何かあってからでは遅い」のです。少しでも異変を感じたら提供するべきではないということ、そうならないためにも不安要素になるようなことは徹底的に排除しなければならないことを強く教えてもらった出来事でした。

同時に、沢山の素晴らしいお客さんに支えていただいてるなと感じたのも事実です。その意味でも「たぶん大丈夫」なものを提供したくないとますます思います。

ご迷惑をおかけしてしまった申し訳ない気持ちは、今後も素晴らしいお味噌を提供する気持ちに変えて、今日もお味噌を仕込んでいます。

#お知らせ