ここくについて
とりあつかい店
アクセス

意外と知られていませんが、種は毎年更新していかなければたちまち芽が出なくなってしまいます。つまり、その種がそこにあるということは、今まで毎年欠かすことなく植えた人がいたということ。

『子供たちにこの種を残そう』

きっとそんな想いで、親から子へ、孫へと世代を超えて種は受け継がれ、長い長い時を経て現代に辿りついた本当に貴重なものです。

古事記の舞台となっている神話の里、宮崎県高千穂町で受け継がれてきた、とても小さな大豆「麻尻(あさじり)大豆」

古来から送られてきた種は、一粒一粒に個性があるものです。

大きいもの、小さいもの
成長が早いもの、遅いもの
色がつくもの、つかないもの
病気に強いもの、弱いもの

今も焼畑農業を受け継ぐ宮崎県の山深い集落、椎葉村でいただいた在来の裸麦。同じ種モミから赤く染まる穂も出てくる。実の大きさもバラバラで平均するとだいぶ小さな粒になり収量が少ない。

しかし、そんな想いと共に伝わってきた古来からの大切な大切なおくりものは、このわずか何十年の間に次々に消えてしまいました。

効率を優先するなかで、こんな個性は邪魔でしかありません。全て同じ個性のものが育つように、たくさん大きなものがとれるように。これまで沢山の種が開発されてきました。

そして多くの人が「大きい」「きれい」「おいしい」「安い」という理由で個性のない優秀な種の食べ物を買うようになると、誰もが古くから伝わってきた種を捨て、種苗会社の優秀な種を買うようになりました。

今私たちが食べているもののほとんどは、全てが同じ形になるよう2つの品種をかけあわせてつくった種、通称「F1(エフワン)」と呼ばれる種です。最近は遺伝子を操作して、自然界では起こり得ないかけあわせをした品種なども海外で開発されています。

こうした改良品種には権利があり、勝手に受け渡しをすることはできないのがひとつの大きな問題です。・・・つまり、食べるためには毎年メーカーから種を購入しなければならないことになり、完全に食(=命)を企業に依存することになってしまうのです。

さらに遺伝子組み換え作物に関しては、自然界のものと交雑して遺伝子が汚染されるおそれもあり、自然に生えているものにも権利が入り込んでいくという、もはや「異常」ともいえる事態となってきました。

昔から伝わってきた在来種にはこうした権利が及ぶことはありません。そうした意味で、こんな権利の及ばない種を大切にしようという動きが世界中で広まっています。

宮崎県の西米良村に伝わる甘くておいしい米良(めら)大根。とてもおいしいと評判なものの、形や大きさが個性的なために輸送が難しく値段もつけづらいため市場には出回らない。この大根は赤い線が入ることから「糸巻き大根」と呼ばれたりもするが、私が受け継いだ種からはもう赤い線は消えていた。

個性にあふれる種があったころ、食卓にはこんな会話があったことでしょう。

この大根の形、面白いね
今日はたくさん大きいのがとれたよ!
今年のは甘くておいしいね

きっとお買い物ももっと楽しかったはず。「個性」は食べものへの愛情へとつながり、畑に立つ人、種を受け継いでくれた人への感謝につながります。

手を合わせて「いただきます」

たくさんの人の想いに囲まれて、感謝とともにご飯を食べることができました。

地主さんの軒先に生えていた一株の大豆。珍しい小粒の黒大豆で、もやしにすると見たことがないようなとても長いもやしになる。地元では「おやし豆」と呼んで、正月の雑煮に入れていたとか。

「ちゃんと感謝できる食べものを作りたい」と思います。おはなしのある食べものを届けるうえで、種の歴史はとても大切にしています。

ここくは、もう誰も育てなくなってしまった種、昔からその土地で受け継がれてきた「在来種」を探し歩き、様々な人に出会いながら種を譲って頂いて育てています。

裸麦の種を譲ってくださった椎葉村のおばあちゃん。譲っていただいた日は立ち話だったので改めてお礼の手紙を。便箋2枚でこれまでの半生などを綴って返信してくださいました。

ここくが大切にしている種

裸麦(はだかむぎ)

(写真:中段右)以前は誰もが育てていた六条大麦。モミがポロっと手でとれるのでこの名前で呼ばれます。平家祭りで出会った椎葉村に住むおばあちゃんだけが大切に育ててくれていました。ここくの麦は全てこのおばあちゃんから受け継いだ麦です。麦味噌ごはん麦むかし麦茶で販売しています。

麻尻大豆

(写真:下段左)宮崎と大分の県境にある高千穂町の土呂久地区で伝わってきた、とても小さな大豆。麻を植えたあとに種をまいたことから地元では「麻尻(あさじり)大豆」の名で呼ばれていました。少し粘質なので味噌にするとねっとり感がたまらなくおいしいんです。高千穂を訪れ「大豆を探しているんですが・・・」と人から人へと紹介していただき慎市さんに出会うことができました。ここくの味噌ごはん豆はこの大豆です。

小豆、黒大豆

(写真:中段左、下段右)お味噌を仕込んでいる加工場のむかいに住んでいるおばちゃんがもっていた、清武に伝わってきた小豆と黒大豆。小豆は少し変わっていてサヤがとても長くたくさん獲れる。味も北海道の金時と違いしっかり豆の味がしておいしい。収穫・選別が大変なためそれほど作っていませんが、たくさんとれた年は年末に少しだけ販売しています。

とうきび

(写真:上段左)高千穂に伝わってきたという実が赤いトウモロコシ。トウモロコシのように甘くはなくて、物足らない感じはするけれど、モチモチしていて結構癖になる。公立大学で民俗学を研究している永松敦先生が開いた在来種の大切さを伝えるフォーラムで出会いました。ようやく種がたくさんとれたので今年はたくさん植えてみそみそ便で配れるようにしたいと思っています。

おやし豆(極小黒大豆)

(写真:上段右)地主さんの軒先に生えていた一株の大豆。珍しい小粒の黒大豆で、もやしにすると見たことがないようなとても長いもやしになります。地元では「おやし豆」と呼んで、正月の雑煮に入れていたとか。麻尻大豆と植生が全く同じで驚き。10粒ほど種をわけてもらい、ようやく200粒ぐらいに。今年はたくさん植える予定です。

米良大根(めらだいこん)

宮崎市内に住む丸野さんからわけていただいた大根。宮崎の西米良村(にしめらそん)に伝わってきた大根で、生で食べるととても辛いけれど、糖度が普通の大根よりも2度高いと言われる味が豊かな大根。肉質もしまっていてカブと大根の合いの子のようなおいしい大根です。

丸オクラ、四角豆

F1ではない種を購入して、大切に毎年更新しています。野菜が少なくなる夏に食べられるのでとても助かっています。

種が欲しい方へ

「種を売ってください」と言われますが、種は私のものではありません。「豊作だったら倍返し」という約束で無償でお渡ししています。これは麻尻大豆を譲ってくださった高千穂の慎市さんに教わった方法です。

遠方の方に宅配便で送ったりもしていたのですが、心ない方が多く、今は直接取りに来られる方のみにさせていただいています。

とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示