2018.5.24

コンバインの修理も終わり、本日は最後の麦刈り。流石にこれだけ雨に降られると、こうした黒カビのついた麦の穂が出てきます。

「カビ」という名前を聞いただけで「よくないもの」と捉えてしまう現代ですが、本当にそうでしょうか?

もちろんこうならないように最大限の努力をしているわけですが、昔の方の子供の頃手伝わされた記憶には、こんな黒い穂を見つけてはちぎって人の顔に墨のようにつけて遊んでいたそうです。

お味噌を作る麹菌もカビ。カビに対する考えを改めることで、いろんな大切なことを思い出させてくれるような気がしてなりません。


2018.05.29ネットの張り方

ほたるかご教室2018.05.22