ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2017.10.15

先日おじゃました花と珈琲ホキさんで、ここくの商品を置いてくださることになりました^ ^

実はこの告知をする前に早々に売り切れたので早速補充を送ったところです。なかでも米味噌はとりおき分を除き、これで全て私の元を旅立って行きました。

ホキさんではむかし麦茶を飲むこともできるので、ぜひ飲んでみてくださいね。きっと驚かれることと思います。

前回訪れた時はバタバタしていてあまりじっくりこの空間を楽しむことができなかったのですが、今回の旅では2回も寄らせていただき、たっぷりゆっくりさせていただきました。

そして、私はホキさんの作る空間や花が好きなんだなぁとしみじみ思ったのであります。

花の世界はあまり詳しくないけれど、農家として見る花にすごく近いのかもしれません。

飾りとして花を見るのか
自然として花を見るのか

手の中におさまるような、鳥籠の中に飾るお利口な美しい花ではなく、こちらの予想を超えて枠をはみ出してくる自然の花。

畑で出会う花は、自然への畏れの中にあるからこそ、繊細な美しさが際立って心が動かされるような気がします。

満開の桜を見上げた時、視界に収まりきらないほどに拡がった花にわぁっとなるような

梅の黒くて力強い幹に荒々しさを感じながらも、たくさんの小さな花にホッとするような

そんな自然の圧倒されるような力強さと繊細さを、時間を止めた空間で安堵して眺めている。ホキさんは私にとってそんな感覚の場所です。

自然の刹那を時間を止めて切り取ったような空間に、ここくの商品が置かれていること、とても感慨深く感じています。


2017.10.19ふりむいて

オクラの失敗2017.10.13


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示