ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2017.3.10

こんな小さな大根まで面倒見てる自分に呆れます。。。

効率化するということ。

同じ形、まっすぐ伸びた大きな大根であればもっと短時間にたくさんの切り干し大根ができあがります。こんな大根を切り干しにしても、ほとんどお金にはなりません。

けれど、効率化とはこんな小さな大根の命は捨ててしまうということ。台風を凌ぎ、小さいながらもここまで育ってきた命の過程は評価することなく、結果が全ての価値を決めていきます。

東日本大震災から6年。

そんな効率化の象徴ともいえる原子力発電所。あの爆発で大きな疑問が投げかけられ、たくさんの人が効率化以外の価値を探しはじめました。

効率の反対は非効率。しかし見方を変えれば豊かさでもあります。

いろいろな個性を大切にし、結果を求めないこと。今目の前にあるものを、日々大切にすること。野菜も人も、個性はあっても優劣はなく、互いに補い合う存在として全てに価値があること。

6年経った今、経済活動との狭間で悩みながらも、心だけは失わずにいたいと思いました。

以前個人ブログにまとめた当時の行動ログ。何かの参考になれば幸いです。
http://noraasia.blogspot.jp/2013/03/311.html

最後になりますが、明日は東日本大震災で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、残されたご家族の心が明日に向かって進みますよう心より黙祷を捧げ、私にできることについて改めて考えたいと思います。


2017.03.15ESORA

白い着物の彼女2017.03.09


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示