2016.10.19

お味噌汁が体に染み入る季節になりました。

意外なことに、ここくの味噌を買ってくださっている方は、ご自分でお味噌を造られている方が多いようです。

逆に「お味噌は自分で造ってるから買わない」という方は実はあまりお味噌を食べない方が多い様子。

その理由がだんだんわかってきました。

最近は発酵ブームなので、お味噌を自分で造ってみるのはちょっとした流行り。でも実際造ってみると、よく食べる方はすぐになくなってしまいます。

逆に気合を入れてたくさん造ると、今度は食べ終わる頃には発酵が進みすぎてしまったり、容器にカビが生えたり、いろいろ勝手が悪いんです。なかなかの体積があるので冷蔵庫にも入れにくい。

理想は年に3、4回仕込むことですが、これもなかなか難しい。仕込んですぐ食べられるわけではないので熟成期間を逆算して仕込むのも至難の技。

価格も自分で造ってみないと判断がつかないはずです。

ここくの味噌は500gで900円。スーパーに積まれているお味噌と比べるとものすごく高いと思われるかもしれませんが、自分で納得のいく材料で仕込もうとするともっと高くなります。

自然栽培で育てられた材料のみを使った市販のお味噌はなかなか存在しませんが、それに近い内容のお味噌は1,400円前後が相場。

そのあたりをわかってくださったうえで、「おいしいから」ということで選んでいただいる気がします。

宮崎のおはなしが詰まったおいしい麦味噌をたくさんの方に食べて欲しい。もっともっとお味噌のことを知って欲しい・・・でも、いろんな誤解があってなかなか伝わらない・・・

夜の食卓に輝く黄金色のお味噌汁を見て遠い目になるのでした。

日々からの品々

麦みそ

みそみそ便



2016.10.23温かな光景

おんなじおんなじ2016.10.18