ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2016.8.23

畑をやるまではほとんど縁がなかった法面(のりめん)。

この辺りは山間部なのでこうした段差が多く、畑を借りるということは法面の管理をするということでもあったりします。

斜面の草払いはもちろん、排水が悪いと法面が崩れてしまうので溝を切ったり、平地に比べてかなり気を使うところ。

ちなみに、草を払うのが大変だからと除草剤を撒くと、法面を形作る草の根までなくなり、それも法面が崩れる原因になります。そのため無農薬農家でなくてもこうしたところは除草剤は使わずに草を払います。

上の畑は今年の11月から借りることになっている畑。ここも草を生やさないようにトラクターでたびたびまわらなければなりません。

現在1人で一万平米を管理しています。この時期は本当に草に追い立てられる毎日で、あまり情緒のある景色が撮れないですね(苦笑

今日も別の畑の草払いに行ってきます。


2016.08.25雨と揺れる花

脱穀日和2016.08.22


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示