作り方は裏面に記載されていますが、1パックで10リッターの麦茶がつくれます。
香りが立つホットで飲むのがおすすめですが、もちろん冷たい麦茶としても。刺激のある「あの麦茶」と違い、穀物のお茶なので体に染みていく感じがします。
麦茶を作った後のプリプリの出涸らしは玉とうもろこしのような食感。カレーやシチュー、お好み焼き、パンケーキ、ミネストローネやタコライス、鶏団子やそぼろ肉などなどいろいろアクセントとして大活躍。
宮崎に伝わる古来種を大豆との輪作をすることで無農薬・無肥料で栽培することに成功。むかしむかし・・・のおはなしがいっぱい詰まった大切な裸麦を、むかしながらの手作り製法で作りました。

▼麦茶ってこんな味だったの?

何も言わずにこのお茶を飲んでもらって「麦茶」と答えられる人はまずいません。それもそのはずです。色はピンク色、やさしい味、甘くて香ばしい香りの中に感じる、かすかなとろみ

慣れ親しんできた、夏にたくさん飲む「あの麦茶」とは全く違います。ですが、こちらの方が実はむかしながらの製法でじっくり作られた、本来の麦茶の味

麦のお菓子を食べられたことがある方なら、麦の甘い香りはご存じでしょう。そして麦は米と同じ穀物であることを忘れていないでしょうか。「麦茶と知らずに飲んでいただくと、「コーン茶?」「玄米茶?」「豆茶?」という答えが返ってきます。そのくらい、あの夏の麦茶には感じられない豊かな味わいととろみがあります。

▼じゃあ「あの麦茶」は何なの?

甘い香りもなければ穀物の豊かさもない「あの麦茶」は、キリリと香ばしくてすっきり飲める清涼飲料水。籾殻がついたまま焦がしているのでほとんどは麦の実の味というよりは籾殻が焦げた香りです。

対してこちらは籾殻がない「裸麦」を使用。1時間じっくりゆっくり鉄鍋で焙煎し、パチパチと麦がはじけて甘い香りが漂いはじめ、麦がきつね色になったところで焙煎を終えています。湿度、気温によって焙煎時間は変わるので機械は使いません。全て手作業で焙煎し、人の目で一粒ずつ選別してからパックに詰めています。

▼出涸らしも食べられる麦茶

なぜきちんと選別するかといえば、この麦茶の出涸らしは食べることができるから。籾殻がとれた状態の裸麦は玄米と同じ状態です。焙煎の過程ではじける粒もありますが、麦茶を作る過程は玄麦をやわらかくしてプリプリにする過程でもあります。

出涸らしはほんのり香ばしくて甘いので料理に大活躍。コーンと同じ食感だと思うといろいろなものに使えます。サラダ、カレーやシチュー、お好み焼き、鶏団子、そぼろ肉、ミネストローネ、シフォンケーキ・・・などなど、やわらかなものにアクセントとして食感を加えると素材が引き立ちます。何より子供たちはこのプチプチの食感が大好きなようです(笑

水を切ってタッパーに入れ、冷蔵庫に保存しておけばひと月ぐらいもちます。出涸らしをさらにごはんと一緒に炊いてもOK。ちょっと使える食材として二度楽しめるのも長く愛されている理由です。


この裸麦は椎葉村のおばあちゃんが大切につないできてくれた宮崎在来の裸麦。麦を噛みしめる時はちょっとそんなおはなしも思いだしてみてください。この裸麦が育った日々もどうぞ。

  • 輪作自然栽培(無農薬・無肥料)で育てた裸麦
  • 大切にしたい宮崎在来の裸麦を使用しています
  • この商品からできる麦のお茶は約10リットル分です。
  • カフェインレスだから妊婦さんでも安心
  • 麦茶の作り方はパッケージ裏面に記載されています
  • 断乳したお子さんの最初の飲み物としても最適。出産祝いなどの贈り物としても人気です
お召し上がり方

水2㍑あたり大さじ7-8(50-60g)程度の麦をそのまま入れて煮出します。 水から煮出し、沸騰したら15-20分ほど弱火で沸騰させます。火を止めて3時間ほど出涸らしをいれたままにしておくとトロミも出てきます。出涸らしをざるなどで濾し取ってお召し上がりください。冷やしてもおいしいです。

mg1-howto-illust
淹れ方のコツ

ミネラル水は使わないこと。水の中にミネラル分が溶け込んでいる分、麦の味や香りもしみ出すことができません。水道水で煮出すことをおすすめします。

煮だしたあと、出涸らしをそのまましばらく入れておく(2、3時間)ことで少しとろみが出ておいしくなります。


むかし麦茶:オンライン注文

むかし麦茶:250g[mg001250] 在庫有り

(税込) ¥1,200


数量:



むかし麦茶の日々
その他の品々