ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2016.5.10

農学博士の足立先生が雨の中畑に遊びに来てくださいました。

「世界遺産、文化継承、地域保全などいろいろ言われるが詰まるところ種なのだ」

「自然の輪廻に逆らわず、自然の流れの中で行うのが農業の本来の姿」

「食文化とは持続的に作られる地域の産物で作る料理で作られて初めて食文化と言えるのだ」

などなど、とても共感することや気づかされることも多く、私にとっていつもよい刺激や励みになっています。

親子ほど年の差が離れた私たち。分野も違えば、言葉も表現も違うけれど心の底で思うところは同じです。

先生は東日本大震災後に「みやざき自然塾」というものを立ち上げ、講義を中心にいろいろな活動をされています。

先生は先生で私のやっていることは新鮮なようでとても楽しい時間でした。またいつでもいらしてくださいね。


2016.05.12I love 麦

在来のトウキビ2016.05.08


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示