ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2016.2.24

麦の中耕を終え、本日は引き続き大豆の選別。1kg30分かかるこの作業、まだ500kg以上あります。

きっときれいな大豆しか見たことない方がほとんどでしょうから、こんな作業があるなんて想像もできないのは仕方がないことかもしれません。

きれいな大豆と、一粒づつ手でつまんでよけた大豆の写真を見くらべてみてください。

それでもやるのはこの在来の大豆の美味しさを知って欲しいから。種を大切にしたいから。

この高千穂の麻尻大豆は普通よりも小さくて少し平べったい。若干青味がかり1割ぐらいこんなトラ模様が入るのが特徴。

味は大げさに言うと「ねっとり」。少し口に残るような大豆の味わいがたまらなく美味しいんです。

その味はお味噌にもしっかり引き継がれ、ここくの味噌特有の甘みとコクを引き出してくれています。

来月から本格的にこの大豆をみなさんにお配りしていこうと思います。


2016.02.24誰が育てた麦

麦と麦の間2016.02.19


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示