ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2016.2.14

大豆の浸水は一昼夜(約8時間)と言いますが、熱湯で戻せば2時間でOKという裏技。1時間でこの通りです。歯ごたえを残すなら1時間でも充分かもしれません。

豆ごはんやサラダのアクセント、片栗粉をまぶして揚げるフライビーンズ、ご近所同士での急な宴会などでのおつまみに、こんな便利なものはありません。

「畑の肉」ともいわれるように、大豆は貴重なタンパク源。もっともっと手軽にご利用いただけたらと思います。

さて、本日は清武軽トラ市に出店です。清武町役場裏にて9時から12時まで。幸い天気も晴れました。本当にわずかですがお味噌もありますよ。売り切れ必至なのでお早めにどうぞ。


2016.02.17種の縁

ここく茶あります2016.02.11


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示