ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2015.10.8

一晩水に漬けた高千穂在来の麻尻大豆。あんなに小さいのにこんなに大きくなるのが不思議です。

昔は近所の人が亡くなると、まず最初に大豆を水に漬けたと聞きます。葬儀を自宅であげ、弔問客をもてなす料理を隣近所で用意する慣習はすっかりなくなってしまいました。

そのためなのか、大豆をどうやって食べればいいのか分からないお客さんが本当に多いことに驚きます。

すっかり洋風化してしまい大豆が影を潜めていますが、「畑の肉」と言われるように、大豆は私たち日本人にとっては貴重なタンパク源。お肉ばかりではなく大豆も積極的に食べて欲しいものです。

今日は年末用のお味噌仕込み。これで今季の麻尻大豆は最後になりました。また来月、新しい大豆の収穫です。

この大豆で自分のお味噌を仕込んでみたい方、来月は昨年同様に大豆収穫のイベントを行いますので是非ご参加ください。


2015.10.12秋桜は黄昏

小豆の花2015.10.06


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示