ここくについて
とりあつかい店
アクセス

2015.9.24

雨上がり、朝の冷たい空気の中でオクラの花が綺麗に咲いていました。夕方にはしぼんでしまう儚い花が、今朝はより一層切なく見えました。

遠くから見た畑は自然がいっぱいに見えるかもしれません。でも実際、私たちは彼らを食べるために沢山の命を奪いながら育てます。そしてまた、最後には彼らの命も奪うのです。

人が自然を支配している畑では、どれだけ美しい花を咲かせても、種になる前に食べられてしまう。

今朝の花は、まるでそんなことを分かっていながら咲いたかのように見えたのかもしれません。

「感謝」という漢字や言葉の意味を考えながら、やはり感謝するしかないのでありました。


2015.09.29黒大豆の枝豆

お久しぶりです2015.09.22


とりあつかい店
アクセス
特定商取引法に基づく表示